組織のあり方とか経営理念の考察

組織のあり方とか経営理念の考察君のつくる会社の仕事は、100年後の誰かが引き継ぎたい仕事だろうか – UEI/ARC shi3zの日記

 組織のあり方とか経営理念の考察が書いてあるんだけど、かなり共感する部分が多かった。というか、今まで曖昧だった部分が言葉で整理されていて、「ふむ」と思った。特に面白いと感じたところは、

有能なエンジニアで、社交性が高く、勉強会などにも積極的に参加し、そこで講演することもしばしばあるような男性が、会社に居続けるべきかどうか悩んでいる。・・・

のくだりで、具体的にどのような選択枠が存在するのか書いてあって、それぞれの見解が示してある。気になる方は、上記リンクを参考に。

今は大きな組織に入って仕事がしたいと思う

 ymdは個人で何かをするというよりも、大きな組織に入って仕事をしたいと常に思っている。ymdの就職活動を振り返ってみると、美大からだと大きく分けて「アトリエ系」と「企業」という選択枠があった。

 前者は10~20人程度の少人数で構成されている会社で、社長が著名な人間で独立して会社を立ち上げた感じかな。実務は個人でほぼ全部こなし、小規模なんでフットワークも軽く多種多様な仕事をこなすから、実力も付いて転職市場で強い。多分そうやって実力がある人間がまた独立して会社を立ち上げるループがあるんじゃないかな。

 後者は、一般的に言われている企業と同じで組織が大きく働く人数も多い。資産も多いんで設備投資が充実していて、大きなプロジェクトに携わる機会も多い。ただ、組織が細分化されているんで自分がこなす実務は限定的なものになる。転職市場では弱いと言われているけど、その分雇用の安定がある。

 個人意思によるんでどっちでもいいと思うんだけど、ymdの場合は後者だった。理由は、元々CGを使う仕事をしたかった事もあって、「設備」の優先順位がかなり高かった事かな。・・・単純に人数が多い方が色んな人と出会えるってのも理由ではあるけど。

 就職活動を始めた頃はもちろん「アトリエ系」と「企業」両方の面接を受けていたんだけど、会社見学などをして行くうちに「企業」に絞っていった感じで、もちろん「就職する」って事が最優先事項なんで正直選択の余地はかなり限られて来るけど。。

 とは言え、「仕事=お金を稼ぐ手段」と割り切っている部分もかなりあるので、独立するってのも面白いかもね。年収1億円とか稼ぐには企業に属している限り不可能に近いし、個の力で何かを見出していくしかないのかも。

 ymdが会社を作るとしたら「社長の存在しない会社」を作りたいかな。代表なんて概念はいらないと思っているので。

web拍手

トラックバックURL: http://secret-live.net/wp/wp-trackback.php?p=2905