iTunes Storeで初めて曲を買った

iTunes Storeで初めて曲を買った・iTunes Card
IMG_6749.jpg

 とりあえず¥1500のカードを購入。iTunes Storeにアクセスしてから初めて気が付いたんだけど、提携してないレーベルもあるのですね。つまり、曲をiTunes Storeでダウンロード販売していないアーティストもいると。・・・かなりいまさら感がひしひしと。。大人の事情ですか。

なんでiTunestoreはあんなに邦楽をひいきしてるんですか?

なんでiTunestoreはあんなに邦楽をひいきしてるんですか? 洋楽はあっていいはずの – Yahoo!知恵袋

 ま、それはさておき、最近のAppleは音質向上の取り組みもしているらしく「iTunes Plus」という規格がそれにあたるようです。iTunes9にバージョンUPしたら勝手にインポートの設定がiTunes Plusになってて、インポートしたCDが勝手にAAC/256kbpsになってて初めて気がついたという。ymdが使ってるiPod shuffleは容量が1Gしかないんで今までのAAC/128kbpsと比べると容量が2倍。エンコード。。

 iTunes Storeではこの「+」のマークが付いてるものが「iTunes Plus」(AAC/256kbps)に対応した音源だそうです。

・iTunes Plus(AAC/256kbps)
iTunes+.jpg

 まだまだ少ないけど、そのうち全部対応するんだろうね。

ビットレートとは音質の基準

 ちなみにビットレートとはデータ転送レートの単位で、簡単にいうと音質の基準みたいな物。単位はbps。高いほうが高音質というわけです。Wikiによると

1.4112Mbps – オーディオ用CD (CD-DA) の音質(線形量子化非圧縮のリニアPCM)

ビット毎秒 – Wikipedia

なんで、AAC/128kbpsの約11倍のデータ量、AAC/256kbpsの場合は約5.5倍のデータ量。。これだけ圧縮されてれば、聴感レベルでも十分差がでてくるよね。WAVE(Windows)やらAIFF(Mac)やらでエンコードすれば無圧縮/無劣化なんでCD音源そのままに聞けるんだけど、比例して容量が肥大化していくんで現実的ではないのかも。HDDの増設が忙しそう。結局「iTunes Plus」が最適な感じがして、Appleの戦略にはまっているymdです。

 エンコード関連は下記FC2ブロガーさんのサイトが非常に分かりやすかった。参考に。

気ままな明日へ iPod iTunes 高音質の設定方法

Apple iTunes Music プリペイドカード 1,500円 [MA781J/A]
アップル (2006-10-23)
売り上げランキング: 26678

web拍手

トラックバックURL: http://secret-live.net/wp/wp-trackback.php?p=2909