今敏(こん さとし)さんの遺書が秀逸だった

今敏(こん さとし)さんの遺書が秀逸だった・KON’S TONE内「さようなら」より

NOTEBOOK »NOTEBOOK» ブログアーカイブ » さようなら – KON’S TONE

 今敏さんは、2010/8/24に46歳の若さで急逝(キュウセイ)したアニメ監督だ。死因はガンなんだけど、8/25にKON’S TONE(今敏オフィシャルサイト)に遺書がUPされた。友達から教えてもらい読んで見たんだけど、飾らないその文章が実に秀逸なのだ。長文なので、お暇な時にでも上記リンク先からどうぞ。

自分の父親の話

 ymdも父親をガンで失っているので、急逝と言われる理由がよく分かる。特に若い場合は心臓の活動が活発で、血流によりガン細胞が体内へ運ばれていくスピードが速い(と父親の担当医に聞いた)。病気の進行が早いと言うわけだ。今敏さんの遺書によると5月に病気が発覚しているから、3ヶ月という期間の間に自体は急変する。ymdの父親も発覚してからちょうど3ヶ月だったかな。

 何を残すかは人それぞれ違うと思うけど、事態が日々刻々と変化するなかでこの遺書を残せた今敏さんは単純に凄いと思う。だって、普通そんな余裕は無いから。監督としての技量も去ることながら、この状況で自身を客観視できる「落ち着き」が文脈から伝わってくるのだ。
 
 まぁ、いろいろと考えさせられた遺書だったよ。ymdもそろそろ動き出さなきゃいけない時期にさしかかってるのかも。だって、最終学歴「多摩美術大学」ですから。

 ・・・軽い自慢です(´・ω・`)

今 敏アニメ全仕事
今 敏アニメ全仕事
posted with amazlet at 12.06.18
ジービー
売り上げランキング: 31157

web拍手

トラックバックURL: http://secret-live.net/wp/wp-trackback.php?p=2944