「知的生産の技術」という本

「知的生産の技術」という本・知的生産の技術
IMG_0331.jpg

 少し前にTwitterのTLに流れて来た「知的生産の技術」と言う本が面白いぞ。と、言う情報が気になり、書店にて購入し読んでみた。1969年7月21日第1版発行の古い本だ。結論がら言うと、面白かった。それは、もう。せっかくなので、具体的に何が面白かったかメモ代わりに書評を書き記そう。

知的生産とは?

 この本のキーワードとして、「知的生産」という聞きなれない言葉が出てくるのだが、これは“頭をはたらかせて、なにか新しいことがら(情報)を、人に分かる形で提出すること。”と言う意味で、技術手段といったところだろうか。とは言うものの、いわゆるハウ・ツー本では無いと言うところも、この本の面白さだと個人的には感じている。

整理が良くて整頓の悪い人と、整頓が良くて整理が悪い人

 では、参考となった箇所をいくつか抜粋。

“整理が良くて整頓の悪い人と、整頓が良くて整理が悪い人” 

 思いあたる節がある。凄くある。上記文を噛み砕いて言うと、後者は一見整理されているように見えるが(書類など)、必要な時に何もでてこない人。前者はその逆。・・・前者の方になりたい。“整理=機能の秩序/整頓=形式の秩序”と分類出来、両者を見比べると整理するという行為は難しいという事が見えてくる。

規格化

 では、具体的にどうすれば“整理”を実現出来るようになるのか。この辺りから、この本の面白さが加速してくるのだが、ここで著者は“規格化”という答えを導き出している。例えば、作中ではファイリング・キャビネットとフォルダー(A4)を使用した垂直式ファイリング・システムなるものを作成し、そこに資料等を分類し入れて行くと言う物だ。名前だけ聞くとなにやら凄いシステムの様に感じるが、要するに現在事務文書などを整理するのに使用されているソレである。この当時にこの整理方法に辿りついた事と、今でも基本的な考え方は受け継がれているから、この人何か凄い。

個性の無い美しさ

 他にも、“ノートのカード化”“読書の仕方”“文章の書き方”など、様々な知的生産の技術が書き記されているのだが、PCで文書管理やメールを書く事がスタンダードな時代に生まれてきた今読む事に意味があるのだろう。特に、タイプライターの件(くだり)で、

個性も何もないけれど、しろい紙に、黒い活字体の文字が、流れるようにでてくるのを、わたしは美しいと思った。そして、かき手のくせから解放された、個性の無い美しさをたのしんだ。

という文章が個人的に一番共感出来た箇所だ。このクリエイターライクな感性は良いなと。

 古い本なので、BOOKOFFなどで売っているのではないだろうか。興味があれば是非オススメしたいそんな本なのだ。

知的生産の技術 (岩波新書)
梅棹 忠夫
岩波書店
売り上げランキング: 1377

web拍手

トラックバックURL: http://secret-live.net/wp/wp-trackback.php?p=2980