本の読む時はポストイットを使うとサラサラ読める

本の読む時はポストイットを使うとサラサラ読める 最近本を読むとき行っている行為がある。簡単に言えば“気になった箇所にポストイットを貼っていく”と、ただこれだけなんだけど、本読みが大分捗る。

・ポストイット
IMG_0333.jpg

 WEBをうろうろしていたらどこかに書いてあったんだけど、たしか“2色”を使うのが基本で、例えば「黄」と「赤」を使用するとしたら、まずサラリと一通り読み、気になる箇所や面白い箇所に「黄」でマーキングを行っていく。一通り読み終えたら、マーキングした箇所を再度読み直し、これは目からウロコだ!!という箇所を再度精査し「赤」でマーキングを行う。こうすると、後に見返した時に必要箇所にすぐたどり着けるし、思考を“整理”するという意味でもかなり約に立つ。

オススメのポストイットは半透明で細いもの

 何種類か市販のポストイットを試してみたのだが、半透明でサイズは細い物が使いやすいという結論に至った。

 半透明の理由は文字が透けて見えるため、後に見返した時に見やすい事だ。サイズも文字と同等な幅の物の方が、どの部分の何が気になったのか視覚的にすぐに分かる。探す時間は極力無くした方が効率的で、何よりストレスを軽減できるという点でもこの方法は理にかなっているかと思われる。すぐにわかるという事が大事なのだ。

・スリーエム製
IMG_0332.jpg

 Evernoteを利用するようになってからは、WEBや私事を取り合えず放り込んでいくというスタンスになりつつあるので、ポストイットも同様に気になる箇所は問答無用でバンバン張っていき、後で内容を精査すれば捗るのでは?と思っている。

 人間の記憶なんてものは全然あてにならないので(特にymd)、何度も見返す事は大事。大事。

ポストイットジョーブ 680MSH
住友スリーエム
売り上げランキング: 2412

web拍手

トラックバックURL: http://secret-live.net/wp/wp-trackback.php?p=2981