八日目の蝉 が好きでごめんなさい

八日目の蝉 が好きでごめんなさい・八日目の蝉

 久々に“日本映画っていいな”という思いに浸る事ができた、そんな映画。脚本は『サマーウォーズ』の奥寺佐渡子氏だ。物語の概要は、父の愛人に誘拐され育てられた子が大人になり過去の記憶を辿るといった内容で、誘拐された子=井上真央氏(秋山恵理菜)、愛人=永作博美氏(野々宮希和子)とキャストも日本を代表する女優人が出演している。

 そんな豪華キャストに負けない位演技が光っており、個人的に好印象を抱いたのが、小池栄子氏(安藤千草)で、劇中では秋山恵理菜と一緒に幼少期を過ごした重要人物として登場する。男性恐怖症という挙動不審な、でもどこ愛くるしい難しい役を違和感なく演じている姿はアイドルの面影はなく、まさに“女優”だった。

 クライマックスで秋山恵理菜が発する、

「あたし、何でだろう?もうこの子が好きだ。まだ顔も見てないのに。何でだろう?」

という言葉が八日目の蝉のすべてを物語っており、言葉選びのセンスの良さを感じずにはいられない。

 ちなみに、主題歌は中島美嘉氏のDear。

Dear
Dear
posted with amazlet at 12.10.20
中島美嘉
SMAR (2011-04-27)
売り上げランキング: 18763

 iTunes storeで購入しようとするも、レーベルがSony Musicのため扱いが無い。いけてない。

八日目の蝉 通常版 [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント (2011-10-28)
売り上げランキング: 1875

タイトル:八日目の蝉|評価:5|レビュー:ymd

web拍手

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://secret-live.net/wp/wp-trackback.php?p=3305