長友佑都選手の著書「上昇思考」から学ぶ、メンタルコントロールの重要性

長友佑都選手の著書「上昇思考」から学ぶ、メンタルコントロールの重要性・上昇思考幸せを感じるために大切なこと

 サッカー日本代表DFの長友佑都選手の著書「上昇思考-幸せを感じるために大切なこと-」を読んだ。

 この本は、2011年5月発売の「日本男児」に次ぐ第二弾だ。長友選手の事はあまり詳しく無いが、日本代表でのプレースタイルやメディアからの情報などを聞いていて、面白そうな選手だと感じていた。本を出している事もあり、書店にて売上げランキングTOP10にも入っていたため、早速購入し読んだ。本当は、第一弾著書である「日本男児」を読みたかったのだが、書店に在庫が無かったため「上昇思考」を購入したわけだ。

本書の内容は、メンタル(心)を支える思考法

 内容は、

人としての成長に欠かせない「感謝の心」―試合前に必ず読むという祖母からの手紙とは。世界で戦うメンタルを支える思考法。

Amazon.co.jp: 上昇思考幸せを感じるために大切なこと: 長友 佑都: 本

となっており、タイトルの「上昇思考」からも分かるように、この本では主にメンタル(心)面に関してスポーツ選手ならではの視点で触れている。

「のっているとき」「のっていないとき」の違いはメンタル面に左右されている

 「のっているとき」「のっていないとき」では、プレーの質が変わってくる。技術レベルが向上したというよりも、心のコンディションに左右されている部分が多い。

 コンディションと言うのは体調管理だけでなく、メンタルを整える事も重要度が高いと言うことだ。ymdはスポーツ選手では無いが、ロードワークを行ったり、サーフィンをしたりと普段から体を動かす行為は行なっている。体調は普段通り変わらないが、なぜか走れない日だったり、あまり波に乗れない日がある。これは、もしかしたらメンタル面が左右しているのかもしれないと考える事も出来る。

 世界トップクラスで戦い続けていくという事は、メンタル面の強化も重要であり必要と言うことだ。

才能を呼び覚ませ!

 長友選手自身、Mの最高峰なのではないか?と感じる程超ポジティブシンキングな性格のため、全部を模写する事は難しいが、「上昇思考」の内容に関しては、メンタル面や目標などについて書かれており、一般人(サラリーマン)が読んでも要所要所で参考になる部分はあると感じた。

 “才能を呼び覚ませ”という言葉が印象的で、熱い夏に熱い男の本も悪くないと感じる今日この頃なのだ。

上昇思考幸せを感じるために大切なこと
長友 佑都
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-05-25)
売り上げランキング: 81
日本男児
日本男児
posted with amazlet at 12.08.05
長友佑都
ポプラ社 (2011-05-25)
売り上げランキング: 2765

web拍手

トラックバックURL: http://secret-live.net/wp/wp-trackback.php?p=5324