日本のヤクザが強くてかなりイケている。映画「ウルヴァリン:SAMURAI」を観た

日本のヤクザが強くてかなりイケている。映画「ウルヴァリン:SAMURAI」を観た・映画「ウルヴァリン:SAMURAI」予告編

両腕から出してますか?ymd(@ymd_777)です。2013/09/13公開の映画『ウルヴァリン:SAMURAI』を観てまいりました。

ウルヴァリンと戦う日本のヤクザも強くてかなりイケていた

 サブタイトルに「SAMURAI」と入っているように、本作の舞台は日本だ。そのため、日本人の俳優、女優も多く出演している。

カナダで隠遁生活を送っていたウルヴァリンは、ある因縁で結ばれた大物実業家・矢志田に請われて日本を訪れる。しかし、重病を患っていた矢志田はほどなくして死去。ウルヴァリンは矢志田の孫娘マリコと恋に落ちるが、何者かの陰謀により不死身の治癒能力を失うというかつてない状況に追い込まれる。日本が主な舞台となり、本格的な日本ロケも敢行された。マリコ役のTAO、ウルヴァリンを日本へと導くユキオ役の福島リラ、矢志田の息子シンゲンを演じる真田広之ら、日本人キャストも多数出演。

ウルヴァリン:SAMURAI : 作品情報 – 映画.com

 2D/3D同時上映だったため、3Dで鑑賞。戦闘シーンでは、新幹線の上、お寺など日本ではお馴染みのモノが多数使用されており、見応えがある内容だった。

・映画「ウルヴァリン:SAMURAI」特別映像(新幹線)

・映画「ウルヴァリン:SAMURAI」特別映像(増上寺)

 個人的には、新幹線の上での戦闘シーンがスピード感があり好きだ。また、ウルヴァリンと戦う日本のヤクザも強くてかなりイケていた。

最近の映画館はジブリ一色

 最近の映画館は、2013/07/20に公開された映画『風立ちぬ』を記念して、ジブリの過去作品をあしらった巨大広告があるのだが、これのワクワク感が凄くついつい立ち止まって見てしまう。

 いやぁ、映画って本当にいいもんですね(水野晴郎風)

 私からは以上です。

シベリア超特急 劇場公開完全版 [DVD]
パイオニアLDC (2002-02-22)
売り上げランキング: 62,267

タイトル:ウルヴァリン:SAMURAI|評価:3|レビュー:ymd

web拍手

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://secret-live.net/wp/wp-trackback.php?p=7661